スポーツアスリートが使用しているイメージがあるサポーターですが、手首や腰、膝、足首などの持続的な辛い痛みやケガの予防などにも使用されています。サポーターが使用される目的は関節や筋肉の痛みや違和感の緩和や運動時や日常生活において身体の動きをサポートしたい場合、ケガや痛みを緩和したり予防したい時などです。また、ぎっくり腰や足首の捻挫、静脈瘤の手術後のケア、筋肉痛の予防やケアなど医療の分野においても様々な目的で使用されています。そのため、サポーターの形状や効果にもさまざまなものがあり、自分の身体の症状や目的にあったものを選択することで目的にあった効果を得ることができます。

では、正しいサポーターはどのように選べばよいのでしょうか。現在ドラッグストアやインターネット上などでも販売されているサポーターには、使用する部位やサイズ毎によって種類が多岐に渡ります。例えば、遠赤外線糸が編み込まれていて、保湿力に優れているもの、磁気が入っていて血行の改善が期待できるもの、汗や熱がこもらないようになっていて肌が弱くても使用できる素材でできているもの、美容効果がありキレイでしっとりした肌が保てるものなどもあります。また、長く使いたい場合やデザインがおしゃれなので普段使いできるものもあります。

単に使いたい身体の部位やサイズを選ぶだけでなく、自分のニーズにあった商品を選択することで狙った効果を得ることが可能です。マラソンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です