四十肩や五十肩や更年期障害や骨粗鬆症や腰痛や加齢黄斑変性や生活習慣病や熱中症や感染症など、年齢が進むにつれて深刻化する健康問題には様々なものがありますが、膝痛もそれに該当します。

一人だけ歩くのが遅くなってしまい団体行動において周りの人に迷惑がかかる、気持ちは前向きで思いっきり体を動かしてアクティブに過ごしたいけど体がついていかない、階段やちょっとした段差を見ただけで恐怖心や焦りや不安感を覚える、長く歩き続けていると痛みが強くなるので移動手段や行動に制限が生じてしまう、運動が出来なくなり体を動かすのも億劫になるので太ってしまいさらに膝に大きな負担がかかる、寒くなると膝まわりの筋肉が硬くなって緊張状態に陥りさらに痛みが増すなどの悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめなのがサポーターです。サポーターを膝に装着させることで得られる利点としては、関節可動域が制限されるので負担が軽減され無理な動きを防ぐことが出来て症状がそれ以上悪化しない、保温性があるので寒さによる痛みや辛さが緩和されて楽になる、外側から守られている安心感が生まれて痛みを気にすることなく膝の曲げ伸ばしが出来るなどがあります。安定感やサポート力を重視するなら、しっかりとした厚手の素材で幅が広めなサポーターを選びましょう。サポーターはフィジカルケアをするためのアイテムですが、安心感が得られるのでメンタルケアにもなります。
Science in Sportについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です