スポーツをする人は特に、足や腰などにけがをした場合に、また運動ができるだろうか、痛みが出てきてしまうのではないだろうかと不安に思ったり、心配をしてスポーツを再開する時期をおそくさせてしまう場合があります。もちろん医師と相談して、運動を開始する時期をしっかりと見定めなければならないというのは言うまでもありません。しかし怪我の部位を気にするがあまり自分自身が、スポーツはもうこれ以上できないのでは、と心配し過ぎてしまうことはよくあることです。そして実際スポーツから遠ざかり、今までずっとを行ってきた運動習慣がなくなってしまうということも考えられます。

出来る限り怪我をした部位は安静にして、医師がOKを出すまでは過度に動かすことはないように気をつけることが必要です。しかし、運動がOKになればしっかりと動かしていき、筋肉をつけ可動範囲を少しずつ広げ、怪我のないようにストレッチをしてスポーツを楽しめる体作りを行う事が重要ではないでしょうか。そのためにも安心して運動に取り組める状態を作ることに気を配りましょう。サポーターを利用して運動をすることで、怪我の部位を保護し気持ち的にも安心して動かすことができるので、利用するのがおすすめです。

膝や肘、また太ももやふくらはぎなど、その専用の部位のサポーターが販売されていますので、けがの場所に応じて選択をしましょう、サポーターを利用することで安心して運動を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です