激しいスポーツや加齢などが原因で膝の痛みを感じる人がいます。膝の痛みを少しでも緩和するためには、急性期には無理をせず治療し、日常生活では膝用のサポーターを使って動きやすい環境を作るなどが大切です。膝のサポーターには大きく分けて2種類あり、冷えで患部が痛くなるタイプと、日常的に強い痛みがあって活動しにくいタイプで選ぶ種類が異なります。保温性サポーターは、膝周辺を温める効果があり、血行を促進するものです。

患部を冷やしたくない人向けで、多くの製品が筒状で伸縮性があり着脱が比較的しやすい特徴があります。機能性サポーターは、膝を固定して膝が受ける衝撃や痛みを緩和するものです。筋肉や骨に合うように締め付けられる仕様になっていて、膝を強く固定できます。機能性サポーターは膝のサイズに合わせて選ぶのが大切です。

小さすぎれば締め付けが強すぎて血行不良になり活動しにくくなってしまうでしょうし、大き過ぎればきちんと固定できずに膝からはずれてしまいます。膝のサイズを計測するには必ず椅子に座りながら行ってください。膝を軽く曲げながら膝頭を通るようにメジャーなどで膝を一周させてサイズを計測します。各製品にはそれぞれサイズ表記がされているので、自分の膝に適した大きさのアイテムを購入するようにしましょう。

また、着用する時には上下左右、前後など着用する向きを間違えないようにして、適切に膝の筋肉や骨を固定するのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です