膝の痛みの下原因のほとんどは、加齢による軟骨のすり減りであると言えます。また、肉体労働や激しいスポーツなどを行ない、膝を酷使することによる若い頃からのダメージが蓄積されることで、軟骨がすり減ってしまって慢性的に膝の痛みを感じてしまうこともあるでしょう。このような膝の痛みに対する緩和法のひとつが、ひざ用サポーターを使用することです。ひざ用サポーターには、保温性と機能性の2種類のタイプがあります。

保温性タイプのものは、膝のまわりを温める為のもので、冷えることによって痛みが出る方に効果があるとされています。膝のまわりを覆って保温することで血流がよくなり、痛みを和らげることが出来るます。着脱が簡単で、価格もリーズナブルであるものが多いので、気軽に使用することが出来るのも利点のひとつだと言えるでしょう。下から履いて膝を覆うような筒状タイプの形状となっています。

一方機能性タイプのサポーターは、膝をしっかりと固定して、そこに掛かる負担や衝撃を緩和するような目的のあるものです。強い痛みがあってしっかりと固定したかったり、普段から痛みがあって動くことが辛い方におすすめです。ベルトを締めて自分で調整するようなタイプで、このように自分で締めることが出来るので固定加減を調整することが可能であることが特徴だと言えるでしょう。ひざ用のサポーターは、膝の動きを邪魔しないような伸縮性と、動きの補助をしてくれる固定力を兼ねそろえていることが大切なポイントです。

筒状タイプは伸縮性に、ベルトタイプは固定力にそれぞれ優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です