風船内部の空気を暖めることで、内部の空気が膨張して膨張した分の空気は入り口から溢れるようになります。溢れ出た空気はその分だけ軽くなるので大空を飛ぶことができる、これが熱気球の原理です。熱気球は空の上から下界や360度のパノラマを楽しむことができるアウトドアスポーツで、気球を操縦するのはインストラクターやガイドさんなどからバスケットに乗るだけで楽しめるアウトドアスポーツといっても過言ではありません。熱気球は係留飛行とフリーフライト、2種類の飛び方があるのですが、係留飛行の場合は地上と熱気球をロープを使い繋いで浮遊感を楽しむ飛び方で、フリーライトは風まかせで空を優雅に飛ぶなどの違いがあります。

気球を使ったアウトドアスポーツを楽しみたいけれども、おすすめの季節はいつなのかなどの疑問を持つ人も多いかと思われますが、一般的には春から秋にかけてが良いといわれています。フリーフライトでの飛行中は、上昇する際にバーナーで火をおこして風船内の空気を暖めるなどバスケットに乗っていると温かそうなどのイメージを持つ人も多いといえますが、多少の温度を感じることはできても暖を取れるほどのものではないですし、真冬の上空は地上よりも温度が低く寒いなどから春から秋を推奨しているわけです。なお、係留飛行は地上からのロープで固定されていますので多少移動することはあっても風任せで風船が飛ぶことはないので、飛行を楽しみたい人はフリーフライトがおすすめです。アウトドアスポーツのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です