夏の時期になるとアウトドアスポーツが盛んになります。草野球をしながら週末を満喫しておりますが、草野球に限らず他のアウトドアスポーツをされる方にも知っておいて頂きたいアイテムがあります。ニュースなどで、草野球やランニング等のアウトドアスポーツ中に、熱中症になり病院運ばれた事例や、最悪の場合死に至った事例も散見されます。熱中症は、上昇した体温を冷まそうとする際に汗として体内の水分や塩分を消費することから発症してしまいます。

水分補給をすることは一般的に知られている熱中症防止対策と思いますが、スポーツをしていると水分補給をすることを忘れてしまったり、団体スポーツですと水分補給のタイミングを逃してしまう事があり熱中症を発症し、救急車を呼ぶ事態に発展することがあります。つまり、体温の上昇をなるべく抑えることで体の水分を消費されることを防ぎ、熱中症を避けることができます。体温の上昇を抑えるために使用されているアイテムが、「コールドスプレー」になります。各種スポーツ量販店に必ずと言って良いほど置いてあるアイテムになりますが、ケガをしたときに使用するものという認識が広まっているせいか、使用している人をあまり見かけません。

このスプレーを血流が多い部分の脇の下、首、鼠径部に吹きかけると体温を下げる効果が大きく期待されます。冷水で顔や首を濡らす人も多く散見されますが、瞬間的な冷却はできますが水分が日光で温度上昇することで体温を上げてしまう逆効果を生んでしまいますので、コールドスプレーをすることが瞬間的に冷却し持続した低体温を維持する効果が見込めます。アウトドアスポーツを存分に楽しむためにも本記事を参考にして御活用いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です