マラソンをする理由や目的は人により様々ですが、ダイエットを目的としている人はかなり多いのではないでしょうか。ダイエット目的の場合には、マラソンのペースに関しても理解しておく必要があります。速ければ速いほど良いのではないかと考えがちですが、早ければそれで良いいというものではありません。無理なく身体に負荷がかかるくらいのペースが大切であり、会話がギリギリできるくらいのペースを基準にしておくようにしましょう。

そのことにより、脂肪燃焼に効果的な心拍数を維持出来るとされています。ダイエットを目的としている場合には、走った距離ではなく時間に注目しておかなくてはなりません。有酸素運動で脂肪の燃焼が活発になるのは20分を超え始めたくらいからとなっているので、それ未満ではあまり効果は期待できないことは理解しておきましょう。いきなりマラソンで20分が無理な場合には、途中でウォーキングを挟みながら続けても効果は得ることができます。

長時間走れば走るほど、時間に応じて脂肪が燃焼すると考えてしまいがちですが、そういうわけでもないので無理をしないことが大切です。体力もついていないのに長い時間長距離を走るのは、体への負担が大きくなってしまうので避けるようにしましょう。周りのペースではなく自分のペースに合わせて、無理のない範囲内であり水分補給もしっかりしながら、体調と相談して走っていくことが大切なポイントになってきます。マラソンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です