淡々と走るマラソンは、一人でも手軽に始めることができるスポーツとして人気を呼んでいます。プロアスリートだけでなく、市民ランナーも増えてきました。全国各地でいろいろなマラソン大会が開催されており、初心者からベテランランナーまでが参加しています。一般的にマラソンと聞くと、42.195㎞のフルマラソンを思い浮かべる人が多いかもしれません。

初心者でフルの距離が長く感じるならば、その半分の距離のハーフを走るところから始めるのも良いでしょう。それよりも短いコースの大会では、親子で楽しむ姿も見られます。さらに近年、フルよりも長い距離を走るウルトラマラソンと呼ばれる大会も多くなっています。タイムよりもどれだけ長く走ることができるかが重要です。

ロング用のシューズやエナジーサプリメントなどを準備すると共に、選手は景色も楽しみながら長い距離を走り続けます。10時間以上走ることになる大会もあり、スタミナと精神力が必要とも言えるでしょう。そのほかにも、山岳地帯を走る大会や林道を駆け抜けるトレイルラン、のんびりと旅をするようなイメージのマラニックなどさまざまな種目があります。それぞれ準備やトレーニングも異なりますし、走る場所も違ってきます。

自分のレベルや目的に合った大会を選ぶと良いでしょう。どのレースもゴールすれば最高の達成感を味わうことができます。完走するとそのときの達成感が忘れられなくなって、いくら過酷でもまた次の大会にエントリーしてしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です