身体を動かしたい時に気軽に行うことができることから、老若男女問わず人気となっているのがマラソンです。ダイエット効果や身体を引き締めたり体力アップなど、あらゆるメリットがあり快眠にも繋がるなど効果はたくさんあります。全身運動となっているので、下半身から心臓へ戻る血流を良くすることに繋がり、全身の血流改善の効果が期待できます。それだけではなく体に取り込む酸素の量が増えるので、体の末端にも栄養が運ばれて体内の老廃物がスムーズに回収させることができ、新陳代謝を促してくれるというのも魅力です。

マラソン時には普段より呼吸をたくさん行うことになり、そのことによって肺を動かすための横隔膜やお腹周りの筋肉が動きます。そうすることで、腸の運動を刺激することにつながり便秘の改善にもなるなど、美容効果も高くなっています。マラソンは他人と競うものではないので、自分のペースで身体を動かすことが可能であり、リフレッシュ効果やリラックス効果も期待することができるのではないでしょうか。しかし近年では日本は真夏はかなり暑くなっているので、その点も考えておかなくてはなりません。

真夏の日中にマラソンを行うと熱中症になるリスクはかなり高まってしまい、命の危険性もあるので日中は避けるようにしておくべきです。こまめに水分を補給し、無理することがない範囲内で身体を動かしていくことで、マラソンの良い効果をより高めることができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です