マラソンは陸上競技のひとつで、基本的には42.195kmの長距離走を指しますが、現代では長距離の陸上競技を大きくひとまとめにして呼ぶこともあります。マラソンの起源は、紀元前450年の古代ギリシャの兵士が戦いの勝利を伝令するために、「マラトン」からアテネまで駆けたことからこの名が採られており、アテネで開かれた第一回オリンピック時に競技に加えられました。初期の距離は「約40km」で大会ごとに変わっていましたが、第四回ロンドンオリンピック時に、イギリス王女のアレクサンドラのリクエストにより42.195kmに伸び、それが正式な距離として現在まで続いています。フルマラソンはオリンピックのみならず様々な国際体育大会でも大会競技に採用されています。

長距離走に必要な筋肉は瞬発力よりも持久力であり、持久力の筋肉は年齢にかかわらずつきやすいので、幅広い年齢の選手が出場します。一方、短距離走は瞬発力の筋肉が必要なので、若い年齢の選手が多くなりやすい傾向があります。上記のことから、マラソンやジョギングは一生続けられるスポーツという一面もあります。県や市が開催する大会では、42.195kmの距離以外に。

20km程度のハーフマラソンや女性のみ参加のもの、おやつを食べたり仮装をして参加するものもあり、ジョギングを趣味にしている人たちが楽しんで一緒に参加できます。ゴールしたり一定のタイムを切るとプレゼントがある場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です