オフィス移転は実際に移転作業に入る前の準備が大切

オフィス移転をする場合には、全体の流れをしっかり把握しておくことが大切です。大事な項目を一つ準備し忘れることによって全体のスケジュールが遅れたり、最悪の場合、移転できず仕切り直しになってしまうリスクもあります。



オフィス移転をする場合は、顧客と得意先、仕入先等の関係先に迷惑をかけることがないよう、また、混乱が生じないように、周到な準備をして進める必要があるでしょう。
オフィス移転の最初のステップは、移転の目的の明確化です。

賃料の安いところへ移転する目的か、顧客との位置関係の改善により業務効率を改善する目的か等をはっきりさせることが大切です。



その後は、現在使用しているオフィスの解約予告期間を確認します。


契約書でも確認できるでしょうが、直接問い合わせをしてダブルチェックすべきでしょう。

3か月前や半年前に通告が必要としているケースが多いようです。
よく確認しておかないと余分な家賃を支払うことになりますので注意が必要です。
また、原状回復に関することもオーナーや管理会社に事前に確認をすべきでしょう。ここまで情報を集めたらいよいよ移転先の検討をします。
ここで大事になるのが移転の目的です。

検討しているうちにあそこがいい、ここがいいと目移りしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、目的に沿ってしっかり優先順位をつけ、冷静に移転先を確定することが大事です。

ブログの情報を調べてみましょう。

これ以降は実際の移転のための手続きになりますが、まずは、移転前にやるべきことをしっかりやることが大切なのです。