• アミノレブリン酸の効能とは

    近年のストレス社会で疲れ果てていることに困っている方が増えています。

    疲れの原因として、細胞でのエネルギー産生が低下していることがあげられ、ビタミンBやタウリンなどの成分がよいと言われていますが、最近、特に注目されている成分がアミノレブリン酸です。

    アミノレブリン酸はアミノ酸の一種で、地球に生命が誕生した際にも存在していたと言われる物質で、生命の根源ではないかとも言われています。



    アミノレブリン酸は人体ではヘムやビタミンB12といった物質に変換されます。

    ヘムは、人体のエネルギー産生工場と言われるミトコンドリアが正常に機能するために必要不可欠な物質ですし、細胞や組織に酸素を運搬する働きがある赤血球の主成分となるヘモグロビン構成成分でもあります。


    したがって、アミノレブリン酸をとることによってミトコンドリアでのエネルギー産生がうまくできるようになり、酸素を全身に運びことができるようになります。


    ミトコンドリアが活性化することで糖分や脂質の代謝が活発になるため、糖尿病の発症予防やメタボリックシンドロームに対する効果が期待できます。
    アミノレブリン酸を多く含む食材として赤ワインや酢があります。



    みじかな食材ですが、いくら健康のためとは言え、これらを日々摂取することは難しいのでサプリとしてとることが薦められます。



    サプリはいろいろな会社から発売されていますので、各社のホームページを見て、自分にとって最適だと思われるものを選ぶとよいでしょう。