オフィスレイアウトのデザインチェックポイント

 オフィスレイアウトを考える際、まず一番始めにすることはゾーニング計画です。

ゾーニング計画とは必要なスペース(ゾーン)のデザインを大まかに決めることでオフィスレイアウトを考えるうえで最も重要な作業です。

まずはオフィスレイアウトに必要となるスペースをすべてあげ、それらを来客スペース、社員スペース、共有スペースに分けます。



その後で使用頻度や仕事効率などを考えながらスペースの広さや配置をデザインしていきます。例えば来客スペースを部屋の一番奥にしてしまうと来客はそこへ行くために社員のワークスペースを通らないといけないということになってしまいます。

安心安全の教えてgooを詳しく調べるなら便利なサイトです。

そうなると、社員は仕事に集中できませんし、セキュリティ的にも問題が生じてしまいます。

また、給湯室と来客スペースを離してしまうと来客対応がスムーズにできなくなってしまいます。

そのようなことがないようにそのスペースを利用する人や利用するシチュエーションを考えながらデザインしていくのがポイントです。

ゾーニング計画がまとまったら次は動線計画です。



せっかく良いゾーニング計画ができても動線が複雑で迷路のようになってしまっていては仕事の効率は上がらず、場合によってはオフィス内のコミュニケーションにまで支障をきたしてしまいます。
動線はとにかくシンプルにすることと、メインの動線(一番人通りが多くなる動線)とサブの動線をはっきりさせることがポイントです。


さらに行き止まりを作らず、回遊性のある動線を意識してデザインすると働きやすさがアップします。