• 生命の根源のアミノレブリン酸

    アミノレブリン酸という酸があります。
    どんなものでしょうか。


    生命の根源物質とも呼ばれるアミノ酸です。
    これは人間や動物、また植物の中に存在して、人間や動物においては血液中のヘモグロビン、植物においては葉緑素の原料となるものです。

    生命の維持活動に欠かせない成分ということです。それから、人間の場合、アミノレブリン酸はその細胞の中にあるミトコンドリアによるエネルギー生成を活発化させます。
    このエネルギー生成は肌の潤いと関係があります。

    人間は細胞の内でエネルギーを作る時、副産物として代謝水を作ります。

    代謝水は肌の潤いにおいて重要なものです。アミノレブリン酸は人間の体の中にもとからあります。



    ですが、加齢にともなって減少します。
    生まれたばかりの赤ちゃんの時は肌が驚くほど潤っていますが、だんだん肌の潤いは失われます。

    必要に応じて、アミノレブリン酸をサプリなどで補いましょう。



    納豆、また黒酢や赤ワインなどの発酵食品も良いです。



    赤ワインの場合、1日リットルほど飲んでください。


    最近までアミノレブリン酸の商品はその製造方法が難しかったのですが、今日ではヨーグルトやお酒などの醸造と同じ発酵法による製造ができるようになりました。
    このために、サプリなどその商品の価格は安くなりました。

    取り入れやすくなったということです。そのサプリと併せて鉄分が配合されたサプリメントを飲むのもおすすめです。

    相乗効果を期待することができます。